レトルトカレーを

なんとなく買いあさってしまったレトルトカレーを消費する旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    食べ始めることにしました

    昨年の暮れぐらいから、先月くらいまでレトルトカレーを集めていた。

    レトルトカレーの売ってそうな場所に行き、持っていない商品があったらとにかく買う。
    そんなことを繰り返していたら、1ヶ月くらいで300種類を超えるレトルトカレーが集まってしまった。

    カレー棚

    しばらく棚に飾って眺めていたのだけれど、レトルトカレーにも賞味期限がある。
    腐らせてしまってはもったいないので、少しずつ食べていかなければいけない。

    せっかくなので食べたカレーの感想をブログにしてみようかなと、
    なんかまぁそんなことを考えて新しくブログを立ててみた。

    別に食通でもないし、食べた感想といっても好きか嫌いか程度のことしか書けないし、
    誰かのためになるような内容でもないだろうけど、
    こんなレトルトカレーもあるのねって感じで誰かに見てもらえたら、
    片っ端から買い漁りまくっていたあのときの謎の情熱も、
    無駄じゃなかったって少しは思えるのかもしれない。

    そんなブログ。

      スポンサーサイト
      1. 2012/02/19(日) 15:12:48|
      2. 未分類
      3. | トラックバック:0
      4. | コメント:0

      元祖鶏ガラ チキンラーメン RED カラシビしょうゆ味

      実はカップ麺とかも結構好きで、ちょっと集めていたりする。

      で、夕方のおやつに食べたカップ麺をのせてみる。

      チキンラーメンカラシビ調理前
      チキンラーメンカラシビ調理後

      元祖鶏ガラ チキンラーメン RED カラシビしょうゆ味
      商品コード4902105207079
      製造者日清食品株式会社
      内容量92 g
      (麺85 g)
      エネルギー417 kcal
      お湯の目安量410 ml
      調理時間3 分

      ちょっとスパイシーなチキンラーメン。
      あまり辛くはない。
      チキンラーメンはいつ食べてもおいしい。

      チキンラーメンを食べると必ず思い出すのが、子供のころに読んだチキンラーメン誕生秘話の漫画。
      何の雑誌に載っていたのか忘れたけど、読み切りっぽい扱いだったと思う。
      チキンラーメンの開発で苦労するお父さんと、その息子の話。
      結構つらい結末だった。

      この漫画の話、友達に聞いても誰も知らない。
      僕の妄想だった可能性すらある。
      誰か知らないかな。。

        1. 2012/02/19(日) 17:30:03|
        2. インスタント麺類
        3. | トラックバック:0
        4. | コメント:0

        ボンカレー甘口 沖縄限定版

        記念すべき一発目のカレー。

        変な時間にカップ麺とか食べたせいで晩飯の時間が遅くなってしまった。

        ボンカレー箱
        ボンカレー中身


        ボンカレー甘口 沖縄限定版
        商品コード4901150114004
        製造者大塚食品株式会社
        内容量180 g
        エネルギー175 kcal
        熱湯調理3 分
        レンジ500W2 分
        レンジ600W1 分 30 秒

        パウチから出した瞬間、昔の給食のような懐かしい匂い。
        肉、じゃがいも、にんじんが程よく入っていて、やさしい味。

        最初はやっぱりボンカレーでしょうと勝手に決めていたので食べてみた。

        昔風のパッケージで「復刻版?」と思っていたのだけれど、
        JANコードでぐぐってみたら、どうやら沖縄限定版らしい。

        去年の暮れだったか、友達にカレー集めてるって話したら譲ってくれた。
        でも、もらった時点で賞味期限がかなり過ぎていた。(賞味期限:2011.2.12)
        でもまぁ大丈夫だろうと、タカをくくって完食。
        今のところ特に問題は発生していない。

          1. 2012/02/20(月) 01:31:40|
          2. レトルトカレー
          3. | トラックバック:0
          4. | コメント:0

          ルール

          正直どうでもいいといえばそれまでなのだけれど、
          レトルトカレーを集めるとき、あるルールを設けていた。

          それは、「紙の箱に入っているタイプのレトルトカレーのみ買う」ということ。
          パウチの状態で店頭に並んでいるタイプの商品は対象外にした。

          特に意味はないのだけれど、箱に入っているタイプのほうが、
          棚に並べたときにきれいだったので、そうしたような気もする。

          棚にたくさんのレトルトカレーを並べると、
          本が並んでいるように見える。
          シリーズものをまとめて並べるとなおさらだ。

          けど、あの箱はいったい何のためにあるのだろう。
          中からパウチを取り出したらそのままゴミ箱へ直行してしまう紙の箱。
          パウチはかなり丈夫そうに見えるので、あえて箱に入れて保護する必要はないように思える。
          見た目の問題だろうか。それだとパウチをきれいにデザインすればいいように思える。
          輸送時になにかメリットがあるとか?わからない。
          謎の箱。

            1. 2012/02/20(月) 12:37:45|
            2. 未分類
            3. | トラックバック:0
            4. | コメント:0

            ラーメンの底力 濃厚魚介豚骨しょうゆともっちり太麺

            昨日の夕方に食べたカップ麺。

            昨日は諸事情により更新できなかったのでいまさらながら載せてみる。

            濃厚魚介豚骨しょうゆともっちり太麺調理前
            濃厚魚介豚骨しょうゆともっちり太麺調理後

            ラーメンの底力 濃厚魚介豚骨しょうゆともっちり太麺
            商品コード4902881409766
            製造者明星食品株式会社
            内容量105 g
            (麺65 g)
            エネルギー388 kcal
            お湯の目安量430 ml
            調理時間5 分

            スープはどろっとした濃厚系で麺に良くからむ。
            麺は太めでがっちりしているが、もっちり感は思ったほど強くない。

            友達の影響で濃厚魚介系のラーメンにはまった事がある。
            彼の紹介でいろいろなラーメン屋に行った。

            そのときの会話で印象的だったのが、
            この手のスープは本来、野菜などを長時間煮込むことでとろみを出すのだが、
            そのやり方だと採算が合わないので、米を入れて煮込むことでとろみを出している場合があるのだとか。

            商売としては仕方がない部分だとは思うのだが、
            そのやり方で、味まで再現できるのだろうか。
            本来の調理法でとろみを出したスープも、是非味わってみたいと思った。

            このカップ麺のスープのとろみはどのようにして出しているのだろうか。

              1. 2012/02/22(水) 11:23:08|
              2. インスタント麺類
              3. | トラックバック:0
              4. | コメント:0

              三重 松阪牛ビーフカレー

              毎日カレーを食べて毎日ブログを書くと密かに決めていたのだが、
              始めてから二日目で既に更新が滞ってしまったので、
              一番食べたかったカレーを食べてモチベーションを高めることにする。

              松阪牛ビーフカレー箱
              松阪牛ビーフカレー中身

              三重 松阪牛ビーフカレー
              商品コード4950731600016
              販売者杉本食肉産業株式会社
              内容量250.4 g
              (スパイス0.4 g)
              エネルギー468 kcal
              熱湯調理3 ~ 5 分

              まずカレーがうまい。しっかりとしたビーフシチューのようなコクがある。小袋で後からふりかけるスパイスが付いていて、その効果か香りも良い。メインの牛肉は、レトルト感がそれほど強くなくておいしいが、想像していたよりも少しだけかたい部分があった。贅沢を言えば、肉のサイズはもう少し大き目が良かった。値段に負けず大人っぽい味わい。

              僕の持っているレトルトカレーの中では、一食分としては今のところ最高額の1050円で購入。
              今思えば、このカレーと出会ったことでレトルトカレー収集が始まったような気がする。

              ご当地もののレトルトカレーなどを取り寄せて、カレーコーナーを作っているコンビニが自宅近くにある。
              そこでこのカレーを見つけた。

              当時の僕にとってレトルトカレーで1050円という値段は正直言って衝撃的だった。

              それだけの値段のレトルトカレーはどれほど美味いのか。
              その対価に見合うだけの価値があるものなのだろうか。
              買って後悔するのではないか。

              様々な思いが頭をよぎり、その商品を手に取ることを一瞬だけ躊躇させたが、
              三度の飯より肉が好きな僕は、
              パッケージにプリントされた霜降り肉の写真と、
              どうだと言わんばかりに力強く書かれた「松坂牛」の文字に後押しされ、
              購入を決めた。

              その他にも牛肉をウリにしたレトルトカレーはいくつかあり、
              牛肉もの以外のカレーも、美味しそうなものがいくつかあった。

              あれもこれもと選んでいるうちに面倒になり、
              ATMで金を下ろして、そのコンビニに置いてあったレトルトカレーを一通り全て買い物かごに入れた。
              かごは山盛りで、レジの若い女の子は苦笑い。
              少し恥ずかしかった。

              その後、

              出かけた先で珍しいレトルトカレーを見つけたらとにかく買う。
                ↓
              珍しくともなんともないレトルトカレーも含めて、持っていないものを見つけたら全て買う。
                ↓
              持っていないカレーを探すという目的だけで買い物に出かける。

              といった具合にエスカレートして行き、今に至る。
              ネットで探して通販していたら、もっとひどいことになっていただろう。
              そこまで行かなかったのがせめてもの救いだ。

              そして今、その謎の収集衝動の結果を処理するという、
              長い旅を始めたわけだが、
              その始まりの始まりのカレー。
              購入当時の期待をほぼ裏切らない、満足な味わいだった。

                1. 2012/02/22(水) 12:16:50|
                2. レトルトカレー
                3. | トラックバック:0
                4. | コメント:0

                五島軒 はこだてエゾ鹿カレー

                昨日の夜は友達の実家のホームパーティに参加して、そのまま泊めてもらった。
                昼ごろ起きてきて、ブランチをいただきながらTVのニュースを見ていると、
                鹿を食用に狩ることに反対している人が出ていた。

                それを見ていたらなんだか鹿肉が食べたくなったので、
                今日は鹿肉のカレーにしてみた。

                五島軒はこだてエゾ鹿カレー箱
                五島軒はこだてエゾ鹿カレー中身

                五島軒 はこだてエゾ鹿カレー
                商品コード4938839103868
                販売者株式会社 五島軒
                内容量200 g
                熱湯調理3 ~ 5 分

                これもカレーがうまい。もったりとしていて、味が濃く、スパイシーで辛さもしっかりしている。
                肝心のエゾ鹿肉はやわらかく煮込まれており、臭みも感じない。
                個人的には少しクセがあるのを期待していたのだが、贅沢は言うまい。
                総合的に見て好きなタイプのカレー。

                  1. 2012/02/23(木) 20:57:59|
                  2. レトルトカレー
                  3. | トラックバック:0
                  4. | コメント:0

                  やまと豚で作ったハンバーグカレー

                  ちょっと出かけていたのでこんな時間の更新になってしまったが、
                  昨日の昼に食べたカレー。

                  やまと豚で作ったハンバーグカレー箱
                  やまと豚で作ったハンバーグカレー中身

                  やまと豚で作ったハンバーグカレー
                  商品コード4905607011816
                  販売者株式会社 フリーデン
                  内容量220 g
                  (ハンバーグ約 80 g)
                  熱湯調理5 ~ 7 分(7 ~ 8 分)
                  レンジ500W3 分

                  カレーはコクも風味もほどほどにしっかりしていて無難な味。ハンバーグは思いのほか大きくて驚かされたが、細挽き肉を練りすぎた感じの、肉汁が無くて、もそっとした安いつくねのような印象。レトルトのハンバーグはこの辺が限界なのだろうか。

                  本当にどうでもいいことなのだけれど、この表示↓
                  やまと豚で作ったハンバーグカレー説明
                  どっち?
                  とりあえず無難に7分にしておいた。
                  まぁ多少長く温めたところでどうということはないのだろうけれど。

                    1. 2012/02/26(日) 02:27:01|
                    2. レトルトカレー
                    3. | トラックバック:0
                    4. | コメント:0

                    プロフィール

                    レトカレ

                    Author:レトカレ
                    架空の存在

                    最新記事

                    月別アーカイブ

                    カテゴリ

                    未分類 (3)
                    レトルトカレー (25)
                    インスタント麺類 (2)

                    検索フォーム

                    QRコード

                    QR

                    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。